プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
 › 井上家具制作室 mocomoco

2017年08月08日

杷木の土石流

台風の被害は、なかっただろうかと気になっていますが・・・
先日、朝倉市杷木へ災害ボランティアに行ってきました。

現場の筑後川にそそぐ小さな支流沿いの家々は、倒壊していたり、土石流が流れ込んでいたりと甚大な被害を受けています。
その中の一軒、
人の背丈ほどに流れ込んだ砂、泥などをスコップ、一輪車など、手作業で、かき出しました。


メディアでは、ボランティアが足りているという報道があります。しかしながら、現場は手作業のため、なかなか終わりが見えない、しかもこの暑さ、被災者は、精神的につらいと思います。

失礼な言い方になってしまいますが、昨年行った熊本の震災後の片付けは、20人ぐらいで一日作業すれば、どうにかなっていましたが、
今回の土石流の災害、その何倍もの労力が必要です。
詳しい内容は、
九州つなぎ隊の広場


をご覧ください。






  


Posted by mocomoco at 00:26Comments(0)自然

2017年07月24日

杉の木

土曜日は、近くの檍北小学校の家庭教育学級によばれて、
木工教室の講師をしました。

宮崎は、杉の生産日本一なので、その杉を使っての、時計作りです。


杉は、建築材として、重宝されてますが、

今の北部九州の雨による災害の一因もあります。
おもに針葉樹は、根が広がってないので、保水力も少ないし、土砂崩れや倒木も多くなります。

その倒木が橋げたや欄干に引っかかって、ダムをつくり、川が氾濫するということにもなります。
実際、5年前、このことで、実家の前の橋が流されてしまいました。

木工教室のなかで、自然環境のことも伝えたらなあと思いますが・・・・・。

  


Posted by mocomoco at 08:11Comments(0)

2017年07月11日

ひまわり

ここのところ暑くなってきましたが、
息子の通う檍中学校の生徒会がヒマワリに水やりを行ったというニュースが、流れてきた。
その後、興支援として、種を収穫して、東北に送るということです。

ヒマワリが、放射性物質を吸収するとか・・・?
これについては、両論あるみたいですが・・・・

「ひまわり」といえば、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニの映画です。
あのひまわり畑、ウクライナは、そう、チェルノブイリ原発があるところです。


引き裂かれた夫婦を通して、戦争を批判しています。

壮大な大地に咲いているひまわりが、平和の象徴のようにに感じます。
どこの地であれ、この目で見たい風景です。


  
タグ :ひまわり


Posted by mocomoco at 23:00Comments(0)映画

2017年07月10日

宗像教授異考録

宗像大社など世界遺産となりましたが、
その宗像といえば、この人、
遺産とは、まったく関係がないのですが・・・

宗像伝奇教授
とはいっても、コミックの中の主人公であります。
「鉄を専門とする民俗学の教授」ですが、いろいろ奇想な仮説を立てて、それが立証されていくというような物語です。


先日の七夕の話もあります。
言わずと知れた、織姫と牽牛の話ですが、なぜ、機織りと牛飼いなのでしょうか?
そんなところから
話がギリシャ神話にまで、移っていきます。

もちろん、コミックなので、話半分。定説は、書かないでしょう。
でも、時には、まんざらではないようにも思えることもあります。
ちょっと知的な漫画?
武田鉄矢氏おすすめですちっ、ちっ、ちっ

考古学、記紀など興味がある方は、おもしろいかも・・・・
  
タグ :宗像伝奇


Posted by mocomoco at 23:56Comments(0)

2017年06月27日

突然炎のごとく

先日、映画を観てきました。


トリフォー の「Jules et Jim 」
本題は、登場人物 男性二人の名前です。

邦題もなかなかです。何が、誰が、「炎のごとく」、どうなるのでしょうか?
日本語の、そのあいまいな主語がいいですね。

この映画、だれが主演とかではなくて、
それぞれの立場で、考えさせられます。

また、女性というものは、こういうものだよ・・・
と訴えかけているようにも思えます。

日本では、こんな三角関係は、考えられない?・・・・いやまてよ。
岡本かな子(岡本太郎の母)も似たような関係ではなかったかなあ・・・

そして・・・
ラストは、不幸な結末なのに、そう悲しくないのはなぜでしょうか?
これが、最良の解決方法だったからでしょうか?
また、バックに流れる意図した音楽であるのかもしれません。


  


Posted by mocomoco at 23:52Comments(0)映画

2017年06月13日

道具を作る

梅雨に入ったもの、晴れの日が多いのですが、
この前の日曜みたいに
雨が降ると、なぜかホッとするんです。

不定休なので、日曜祭日関係ないのですが、気分的に、世間様が休みの時は、
こっちもすこしくらいのんびりしてもいいだろう
なんて、思うものです。

とはいっても、材料庫の雨漏りの修理もあるので、そうのんびりとはいけません。

さて、先日、高鍋の相馬印ばん店さんから、印鑑を彫る材を固定する道具を頼まれました。

なかに角材を入れて、ふたつの楔で固定して、安定させる
いわゆる、バイスです。



回しながら作業になるので、大きすぎたり、重くなったりすると、彫りにくくなります。
左が改良型で、正方形になってます。

家具づくりもそうですが、一つの作品を作るためには、それを作りやすくため、また、安全に作業をすすめるための道具作りからはじめることも良くあります。
まあ、特注に対応するため1回きりという道具もありますが・・・








  


Posted by mocomoco at 23:18Comments(0)

2017年06月03日

はなの香り

何だかんだといっても、もう6月

一か月前も10年前も同じ時間が
流れていたはずなのに・・・
と感じる今日この頃です。

さて、もう少しで梅雨に入ってしまいそうですが、
この時期、庭の松の木には、小さい白い花が咲いています。


近づいてみると

もちろん、松の花ではなく、かずらが地面から幹を伝わって、松の下半分を覆い隠して、ジャスミンにも似た芳香を漂わせています。

しばし・・・癒しの時間です。

ただ、夕方はいけません。 となりの焼き肉屋さんが営業始めますので・・・・

良い香りではご飯は食べられませんし、お腹がすくようなにおいでは、癒されません。

  


Posted by mocomoco at 23:10Comments(0)自然

2017年03月25日

藤井貴里彦 回顧展

2月、3月とほんと速く時間が過ぎ去ってしまいます。

2月は、体調を崩し、都合一週間ほど寝込んでしまっておりましたので、とくに短いような気がします。

さて、木曜日から宮崎市の黄鶴堂さんで藤井貴里彦さんの回顧展が行われています。


藤井さんは、昨年、一月急逝されましたが、その席で、一緒に活動していた工芸作家仲間で、
藤井さんを偲んで回顧展やろうという話になり、今回に至りました。

藤井さんは染色家ですが、同時に童話、劇作家でもありまして、ゆかりの品々が集まってきました。

昨日は、高校の同級生だったという方が、高校時代に撮った
藤井さん監督のサイレントの映画を持ってきていただきました。

何やら、わかるようでわからない、でも何回か観れば感じるそんな深い・・・小津安二郎を感じさせるようでした。

今日の夕方6時半からは、濵﨑けい子さんによる藤井さん作の童話の語りがあります。
藤井さんの縁でいろいろな方と出会えて、感謝です。



黄鶴堂(おうかくどう)さん
宮崎市堀川町50の1 電話0985-22-4985

宮崎学園南の信号から西へ200mくらい行った左側です。

27日まで 午後1時~午後6時です。  


Posted by mocomoco at 14:45Comments(0)

2017年01月15日

生頼範義展を観て・・・

本日最終日だったので、慌てて、アートセンターへ生頼範義展を観に行きました。
世界を相手にした作家さんとはどういう作品を作るのだろう。また、どういう感性の人なんだろう。

実際、観て、その精密さ、そして、その数・・・。
好きこそ物の上手なれとは言いますが・・・

仕事とはいえ、ほんとに好きじゃないとできない・・・脱帽です。

さて自分は、これだけ、のめりこめるものがあるのか・・・・。
自問しました。

ただ、人と比べてもしょうがない、素直に自分の世界観で勝負するしかない。

当たり前のことかもしれませんが、そう思うのでした。
  


Posted by mocomoco at 21:44Comments(0)思うこと

2017年01月14日

パレットリボン さん

南国宮崎といえども昼間も寒いこの頃です。

昨日、リボンのお店「パレットリボン」さんに店内の教室用に使うテーブルを納品してきました。


宮崎市内恒久のキッズランド内にあるリボンの専門店で、オーナーの川崎さんは、その講師を養成する教室も開設されています。

店内には、ところ狭しリボンとそれに付属する品物が並べられています。




http://www.paletteribbon.jp/
興味のある方はぜひお立ち寄りください。  


Posted by mocomoco at 21:59Comments(0)おすすめ 紹介

2017年01月10日

宮日新聞で紹介

このところ、なにかいろいろ考えているうちに時間がたってしまって、
なぜか、寝るのが遅くなってしまってます。

明日から子どもたちも学校がスタート。
否が応でも親も早起きしないといけません。

さて・・・昨日、宮日新聞で、うちの商品の紹介をしていただきました。



もともと家具がメインですが、最近は、こういったインテリアで実用的な時計も作る機会が多くなっています。
できるだけ、自然な形を残した、そのものが、一品ものです。

樹の持つ色合い、質感を見比べてほしいので、四つ葉のクローバーみたいな組み合わせを考えてみました。

まだまだ、楽しくなるような、作品を作っていきます。

  


Posted by mocomoco at 01:05Comments(0)作品

2017年01月09日

商工会 勉強会

気が付けば、週末から3連休。
とはいっても、正月、実家でのんびり3泊したので、ここは、休めません。




ネットの勉強会の宿題もあり、水曜日までは、きびしい日程です。、

ものづくりの人間は、やっぱり、手で触ってもの作っている方が、楽なんです。
というか、覚えることが多いものは、どうしても敬遠がになります。

でも、商売をしていれば、必要な部分です。

ない頭で、考えていきます。  


Posted by mocomoco at 01:24Comments(0)

2017年01月07日

年始より年末

明日は、野球部の必勝祈願ということで、中学校から江田神社まで、走るらしい。
江田神社というのは、記紀にでてくる、イザナギが黄泉の世界から戻ってきたときにみそぎをした池の近くにある、古い神社です。

神社などで上げる祝詞の地名は、ここ阿波岐原(あわきがはら)・・・由緒ある地名です。

今でこそ、駐車場も広くなって、観光客もいますが、うちの子が生まれた十数年前は、暗くひっそりとたたずんでいて、驚いたものですが、
商売繁盛の神社より、ずっと安らげます。

神社は、たまに、ぶらっとすることはあっても、特に、参拝客の多い正月に参拝することは、ありません。

年明け早々人混みの中に行くのは、好きではないし、なにかお願いをするというのも気が引けます・・・・

行くとすれば、年末に感謝に行く方がよいかなあと思っていますが・・・・。

気持ちの問題で、お参りして、心が落ち着けば、それで、いいかなあ。



  
タグ :江田神社


Posted by mocomoco at 00:27Comments(0)

2017年01月06日

幸運は、身近なところに・・・

年賀状
小さくて、読めなかったと思います。
写真は、四つ葉のクローバーの掛け時計です。

昨年末に試作して、今後、商品化する予定です。

四つ葉という幸運のアイテムと時計という時の流れ・・・

この二つが相交わって幸運な時間・・・
なにか、ストーリーができるような感じで・・・いいと思いませんか?

ただ、そんな、幸運は、どこからか舞い降りてくるものでもありません。

いえ・・・たぶん、周りにふんだんにある、幸運を意識していないだけなのかもしれません。




身近なところにある・・・
幸運な時間…を見つめていきたいと思っています。  


Posted by mocomoco at 00:01Comments(0)

2017年01月04日

新年のご挨拶

年末年始は、八女の実家で少しのんびり過ごしてきました。

まあ、急ぎの仕事はなかったとはいえ、大掃除までは、手が回らなくて、今から少しづつ片づけています。
年を越えたら、今度は、確定申告が待ってますので、事務仕事も少しづつやっていかないといけません。

とりあえず、年賀の挨拶です。




本年もよろしくお願いします。
  


Posted by mocomoco at 22:49Comments(0)

2017年01月04日

変化の年

2017年の幕開け

昨日は、子供とえびの高原でスケートを楽しんできました。
なんと、40数年ぶりです。

というわけで、新年早々の滑り出し?です。

人生、大体、10年前後で、転機をむかえるような気がしていますが、そろそろ、そんな時期が来そうです。
というか、自分で決めることでしょうが、自然にそんな方向に向かっていくのです。

そんな時は、無理に逆らわずに、時の流れに身を任せ~でしょうか。

さあ、どんなドラマが待っているのでしょう!!

先週、お正月飾りを、作ってみました。
材料は、松竹梅、葉牡丹、菊、千両です。




絵心はなくても、見よう見まねで、何とかなるものです。
  


Posted by mocomoco at 00:05Comments(0)

2016年12月28日

フラワーアレンジメント クリスマス

今年もあと少し。

このところ、家やサッシの修理、材料の片付けなど、なかなか、終わりません。
あっという間に、クリスマスも終わってしまいましたが、

先日、クリスマス飾りを作ってきました。
今年は、一時期、葉物野菜の値段が高かったのですが、花も高いと聞きます。



白いバラ?の周りを
西洋ヒイラギ(クリスマスホーリー、イングリッシュホーリー、チャイニーズホーリー)
で、埋め尽くします。
日本のヒイラギとは別種らしいのですが、同じ魔よけの意味で飾るようです。

あと、カスミソウがいい脇役で、幸運の赤い実を引き立ててくれます。

隣にあるのは、十字架。
頼まれて作った、サンプルです。実際は、キリスト教に一番縁が深そうな樹、
モミの木で作りました。

たまには、花に触れ合うのもいいものです。





  


Posted by mocomoco at 23:44Comments(0)自然

2016年12月16日

打田十紀夫ギターライブ

毎日というか、毎週毎週、早足で通り過ぎます。

商工会議所の講座、交流会、PTAなどの忘年会、直接の仕事以外でも忙しい日々です。

だからといって、できるだけ、趣味とか・・・の部分は、削りたくはないので・・・。

先日の日曜日は、内田十紀夫さんのギターを聴きに「ライブハウス絃」に行ってきました。

今回は、日本の童謡唱歌のアレンジで、聴かせてくれました。




最後は、道本先生とアンジーのセッション。  

うまくなりたいけど・・・・

いやいや・・・ほど遠いウトウト





  


Posted by mocomoco at 23:59Comments(0)音楽

2016年11月22日

ラッピング

年に1,2度あることですが、先週のはじめ、寝込んでしまいました。
特に、熱が高いとか、風邪を引いたとかではありません。

全身力が入らなくて、眠ってるか、起きているかわからない状態で、一日中、横になっていました。
見た目とは裏腹に?、心身の疲れがあるようです。

さて、そんな中、公民館講座のラッピング教室に行きました。
個人的に、ラッピングして、人様に渡すということは、ほとんどありませんが、
仕事で使えるよう、スキルアップのため、習いました。




たまに包装頼まれるので、いわゆるデパート包みは、それなりにやってましたが、
ビンは初めてです。

柄にもないですが・・・・ワインなんか包装して差し入れすると、いいかもしれません。

いやいや、柄にもないからこそ、いいのでしょう。

  


Posted by mocomoco at 23:38Comments(0)

2016年11月09日

マズローの欲求

ずいぶん前、マズローの5段階欲求というのを教わったか、本で見たか・・・

そんなことは、そういうもんだろう くらいにしか記憶になかった。

子育てしていると、父親、母親の役割があるなあと感じることがよくある。
どちらも家事はできても、育児は目に見えない部分で、同じようにはできないと・・・

特に思春期の子を持つ父親としては・・・
ある面で、完全な部外者になってしまって・・・
母親には、到底かなわないと感じてしまう。

そんな時ふと、マズローの段階的なピラミッドが浮かんできます。
もし、この表に父親と母親が記載されてあれば、間違いなく、母親の方が
土台の近いところにあるなと・・・・。

余談ではありますが、戦場へ行った若者が、最後に「お母さん~」と叫びながら散っていく。
そんな話を聞いたことがあります。

母親強しです・・・・。
それはそれでたいへんだと思う反面、うらやましくもあります。





  


Posted by mocomoco at 22:29Comments(0)子育て