プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
 › 井上家具制作室 mocomoco › 2009年12月

2009年12月11日

オーダー家具に込めるもの

特注家具をつくる時、それを使う場面を
想像します。

どんな場所で、どういう使い方をするのか
楽しんでいる様子を想像するのです。

今回、板をひっくり返し、そり止めの加工をします。
広い板は、そのままだと反ったり、ねじれたりして、
使いづらくなります。

簡単に考えると、下から板をあてがって、接着すればよいと思いがち
ですが、無垢の木は、天候に合わせて、調湿してくれますが、それゆえに、
板が伸びたり縮んだりします。

幅方向に最終的にに1%位縮むので、幅1メートルの板であれば、1センチ変わってきます。
それで、無理に固定すると、割れたり、反ったりします。

昔の人は良く考えたもので、吸付き蟻桟の加工をします。

これは既製品では、見られません。
手間がかかる上、最終的に、経験上の感覚でつくらなければならないからです。



互いに両側から、角度をつけて、溝をついて(掘って)いきます。

その角度が蟻の触覚ににているので、そう呼びます。
英語でダブテイル(鳩の尾)と言います。

同じように、桟もその角度で加工してゆきます。

そしてその桟を板にを組入れます。

それはもう・・・汗が出るくらい、押し込んでいき

最後にふたをして、完了です。このあと2つの桟をつなぐと、
ねじれに強くなります。
何度やっても、緊張します。

  


Posted by mocomoco at 22:48Comments(0)作品

2009年12月09日

オーダー家具に込めるもの

毎日、少しずつ冷え込んできています。
夜中の作業は、さすがにこたえますね。

このところ、いろいろな出会いがあり、テーブルの注文をいただきました。
オーダー家具の場合、お客様の好みや、予算、などで材種や時には、つくり方を決める場合があります。

今回は、業務用ということで、幅1m 長さ2mの大き目の楕円テーブルです。
しかも、座卓にもなるように、つくります。

いろいろ考えた末、ちょっと遊びごころを入れようと思い制作に取り掛かりました。


実物大のボール紙で型を決め、それにあった寸法の材の加工をしていきます。


板ができたら、次回、一番重要な加工に入ります。  


Posted by mocomoco at 02:44Comments(3)工房