プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
 › 井上家具制作室 mocomoco › 2011年09月01日

2011年09月01日

箱物を作る 2

前回書いたように、箱物は手間が掛かるのですが、
また、作る機会もそう多くはありません。

今は、たいがい、クローゼットや食器棚などの収納するものは、新築すれば、
ほとんど組み込まれています。
一般に言う、作りつけ家具です。

量産家具や店舗で使う箱物の多くは、このタイプのもので、無垢材を加工した家具と
区別し、フラシュ家具とよんでいます。

無垢材で作る場合は、木と木を凹凸に加工して(ほぞ組み)、それを互いに組み合わせて
作っていきます。








同じような、加工ですが、ひとつひとつ違います。
印を付けてないと、頭がこんがらがってしまうのです。  


Posted by mocomoco at 21:40Comments(2)工房