プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
 › 井上家具制作室 mocomoco › 2011年09月28日

2011年09月28日

新田次郎と藤原正彦

時々、昔、読んだ本を思い出すことがあります。

しかし、もうそれは手元にはなく、すでに実家で処分されておりますが・・・。

今日の宮日の「空のひみつ」のコラムで
この親子のことが紹介されていました。


新田次郎の作品も昔、読んだ本に入っておりました。

新田次郎(本名、藤原寛人)は、職業がら(気象庁職員)山岳小説が多いのですが、
専門分野を物語にできる、数少ない小説家でしょう。
しかも、ほぼノンフィクションなので、読んでいるうちに、引き込まれていきます。

また、「武田信玄」などの時代小説もあり、私は、こちらから入っていきましたが、

山を知らなくても、というか、読んだら、行きたいなあと思ってしまいます。

「孤高の人」や「銀嶺の人」なんかは、おもしろく読めた記憶があります。
特に後者の主人公は、今もラジオの「人生相談」のパーソナリティやテレビでも見かける、
登山家で医師の今井通子さんです。

山の知識が少しでもあると、旅行が楽しくなります。

三大北壁って何だろう?とかグランドジョラスは、どんなかたちをしているのだろうか?とか

スイスで同じ山を見るのでも感動が違います。

  


Posted by mocomoco at 13:06Comments(0)おすすめ 紹介