プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
 › 井上家具制作室 mocomoco › 2011年12月16日

2011年12月16日

ファンシイダンス

小津安二郎関係で、まだ、引っ張っていますが・・・
この監督に影響受けた人はけっこういると思います。

たしか「パリ、テキサス」のヴィム・ヴェンダースもそうだと思います。

以前、女房と子ども達が借りてきたDVDに「ファンシイダンス」がありました。
これは、「しこふんじゃった」や「Shall We ダンス?」の、
周防正行監督の映画です。

あとの映画での常連の竹中直人、本木雅弘、田口浩正、それと、マッチョの人も出ています。

小津の「お早よう」の一場面を思い出させるシーンが、2,3箇所ありました。
(というよりは、意図的に入れたんだなあと思います)

周防監督は、小津さんが好きなんだなあと感じました。

また、役者それぞれの個性が出てて、おもしろい作品でした。
  


Posted by mocomoco at 23:42Comments(0)おすすめ 紹介

2011年12月16日

笠智衆さん

今の仕事をする、ずっと前、鮨屋で働いたことがありますが、
そこに、笠智衆さんの色紙が飾ってありました。

そこの鮨屋の親方のお父さんは、笠さんと同じく松竹の俳優さんだったそうです。
昔のことですから、大部屋の同僚だったのかもしれません。

名前は、長尾寛。
一本だけ、タクシーの運転手役で出演されたのを
見たことがあります。

余談ですが、
その親方は、子どもの時、美空ひばりの「東京キッド」に出演し、
また、後年、お抱えの鮨屋として、よく出張していたそうです。

そういうこともあり、芸能通でもありました。


笠智衆さんといえば、小津作品、そして、「男はつらいよ」
での御前様などが良く知るところですが、

30歳過ぎから老け役をやっていたそうです。


なんと、あの「東京物語」は49歳の時の作品です。
役者だなあと思います。

私も、飛びぬけたことはできませんが、
息の長い、人生でありたいなあと思います。

つい、昔のことを思い出してしまいました。

  


Posted by mocomoco at 01:47Comments(5)おすすめ 紹介