プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
 › 井上家具制作室 mocomoco › 2012年06月

2012年06月28日

雨上がりの風景 その3

今日は、大雨も、峠を越し、時折、日差しが見えますが、
まだまだ、すっきりとはいきません。

それでも、久しぶりに、洗濯物を外に干せました。

うぐいすもここぞとばかり、鳴いております。



草むらにに、さなぎがいました。
細い糸で、体を支えています。

さて、どんな虫が出てくるでしょう?  
タグ :さなぎ


Posted by mocomoco at 21:10Comments(0)自然

2012年06月27日

夢の中のプレイボール

仕事を終えて帰ると、子ども達は、すでに寝ておりました。



今日、通販で買ったバットとグラブが届きました。

この寝姿を見ただけでも、父ちゃんは満足です!!

いい夢みろよ!!  


Posted by mocomoco at 21:58Comments(2)子育て

2012年06月26日

マメの木

きょうも雨。
雨の日が続くと、仕事が、やりにくいですね。

木材は、湿気を吸い込んで、膨らみますから、
この時期、広い材の加工は、極力避けております。

さて、うちの工房では、もともとの木の質感を感じていただくために
着色しない作品が多いのですが、

アクセントや彩りを考えて、濃い色の材も使います。



文字盤や針は、ウエンジというマメ科の木です。

マメと聞くと、枝豆とかナタ豆とかの植物を想像してしまうのですが・・・

ネムノキやフジもマメ科です。

やっぱり、マメ見たいな実ができるのでしょうか?

気になります。いや~気になるはずです。

こんな歌がありましたから・・・

「この木 何の木 気になる 気になる・・・」

実は、ネムノキの仲間です。

  


Posted by mocomoco at 22:14Comments(0)自然

2012年06月25日

チューリップ

コンセントは壁の下のほうについているのが多いのですが、
時々、キッチンカウンターのすぐ下あたりについていることもあります。

それも横向きについています。

以前、どんぐりのカバーを紹介したことがありましたが、



今度は、横向き用を作ってみました。



かわいいでしょ!!

ダイニングルームが少し華やかになりました。  


Posted by mocomoco at 18:47Comments(0)作品

2012年06月24日

雨の日には・・・

今日は、一日中、それも、どしゃ降りでした。
二番目に?怖い、もり、が次々に襲ってきました(笑)。

土曜日は、あさたろうと綾まで田植えの手伝いに行きました。



金曜日は、晴れで、今日は大雨。

田植え日和でちょうど良かったのかもしれません。

雨の日には、雨の中を・・・。

それなりに楽しいものです。

  
タグ :田植え


Posted by mocomoco at 23:55Comments(0)子育て

2012年06月22日

ガとチョウ

今日は、朝からまぶしい太陽が、さしております。
雨上がりは、なぜかアゲハチョウが、よく飛んでいます。

そういや、以前、キオビエダシャクが大発生したことがありましたが、
最近は、見かけません。



変わりに、こんなガを見かけました。
図鑑で調べたら、まさに見ためのとおり、

ホタルガという名前です。害虫かどうかはわかりませんが、
このところ、よく、見かけます。

少し、ガとチョウの違いを勉強しました。
例外はあるものの、

ガは夜、チョウは昼活動、

ガは、羽を開いてとまるがチョウは立てて止まる。

ガは、天敵が少ない夜、行動するため、地味な色、
チョウは、おいしくないと思わせるため、また、仲間を区別するため、派手な色

まあ、きのこは派手なものに気をつけろといいます。
さて、人間はどうでしょう?

・・・見た目より、見極める心の眼を持ちたいものです。


  
タグ :ホタルガ


Posted by mocomoco at 12:39Comments(0)自然

2012年06月21日

いちばん怖いもの

このところ、台風の影響もあってか、激しい雨が続きます。

昨年、自分で建て増しした、本部屋から雨漏りがしています。
修理してもなかなか、原因がわかりません。
以前、それで嫁さんの大切な本を濡らしてしまいました。



畳二畳分の天窓をつけたので、どうもその施工が、良くなかったみたいです。

さて、こういうお話知っていますか?

孫がおじいさんに聞きました。
「この世でいちばん怖いものはなあに?」

おじいさんは、答えました。
「人間なら、泥棒がいちばんじゃ」
「けだものならオオカミかのう。」

昔話を知っている人なら、ここでぴんと来るはずです。

孫が、もっともっと怖いものをたずねたら、
「ふるやのもり」と答えます。

そのことに驚いた、泥棒が、オオカミの背に落ちて、お互いに
もりがきたと勘違いして、逃げ出すという物語です。

ふるやのもりというのは、古い家の雨漏りのことです。

確かに、泥棒よりオオカミより怖いものです。

が・・・・・・。

もっと、もっと怖いものがありました。
・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・勘の鋭い方は、もうわかったはずです!!

  


Posted by mocomoco at 13:03Comments(4)自然

2012年06月20日

自然界に学ぶ

きのうは、話がそれてしまい失礼しました。

ブログでもわかるように、最近、自然に目を向けることが多くなりました。
人間の世界でも、自然界に教わることは、たくさんあります。



これは、子ども新聞の記事です。
フナクイムシという二枚貝が巣穴を作るのを参考にした、シールド工法というトンネル工事です。




これは、サトイモの葉ですが、その疎水性にヒントを得た製品もあります。

その特長やデザインはどこかで、人間の生活に関わってきます。

なぜ、その色で、その形だろうか?

深く問い詰めていくと、自然を見る目が、面白くなっていくのではないでしょうか。



  



Posted by mocomoco at 13:16Comments(2)自然

2012年06月19日

あじさい考 追加

台風がそれて、午後からは、陽がさしてきました。

子ども達が休みだと、今日は何曜日だろうかとわからなくなったりします。

庭のあじさいもまだまだ元気です。

さて、どろんこ保育園の墨田の花火というガクアジサイを見に行きました。
確かに、花火みたいで、初めて見るあじさいです。



花の数は、14、5枚あります。

隣のあじさいは,原種に近い種類みたいです。
花びらに見とれていると、娘が言いました。



この花、〇〇〇〇みたい!!」

人がせっかく良い気分になっているのに、なんつうことを・・・

天然なのか純情なのか・・・・。弟がいればこその発言ではあるのだが・・・

この部分見れんこともないが・・・
学校では、まじめなしっかり者で通っているらしい。


将来、いもと(吉本興業)の弟子になれば、とよく冗談を言うのだが、
本気になる日がきたらどうしよう。

そう思う父親でした。
  
タグ :墨田の花火


Posted by mocomoco at 21:37Comments(0)自然

2012年06月18日

雨上がりの風景 その2

明日は、台風通過の予定です。
早々と、小学校休校が決まり、子ども達は、遅くまで
起きています。

雨の日、元気になるのは、かたつむり、
のろまな印象がありますが、意外と速い。





よくもまあ、ここまで登って来たものだと感心します。
しかも、重い荷物をしょって・・・。

 
そういや、以前、かたつむりのクリームが話題になったことがありましたが、
効果はいかがだったのでしょう?

ナメクジではいけなかったのかなあ
なんて、単純な疑問をもったことを思い出しました。  


Posted by mocomoco at 22:55Comments(0)自然

2012年06月17日

機嫌が悪いので・・・

このところ、雨以外の日は、あさたろうの野球の練習に、付き合わされます。
学校が休みの日には、ちょっとぐらいでは、済まないのです。

きのうは、ワークショップで忙しく、
あまり相手をしてあげられませんでした。

そのため、機嫌が悪いウトウト
姉ちゃんに当り散らしている。

それではと・・・
バッティングセンターにつれだしました。
現金なもので、一瞬にして、笑顔になりましたニコニコ


気が済むまで、打たせました。

時間も出費も・・・、なかなか大変です。

イチローのお父さんは、頻繁に連れて行ったということですが・・・

あさたろーも将来のイチロー目指すのか・・・?

父ちゃんも悩み?がつきませんが
まあ、好きなようにさせときます。



月一ということと、お小遣いなしという条件つきですが、
うれしかったのか、次の予定を書き込んでおりました。




  


Posted by mocomoco at 19:43Comments(2)子育て

2012年06月16日

箱づくりワークショップ

今日は、どろんこ保育園のお母さん達と
箱づくりを行いました。

前もって、寸法に切っていた板を組み立てます。



組みあがったら、桐油を塗って完成です。



たかが箱、されど箱、
板を渡して、本棚になったり、
子どもの学習机になっています。



いろいろな組み合わせができるので、展示会でも重宝しています。  


Posted by mocomoco at 20:19Comments(0)工房

2012年06月13日

どんぐり苗木差し上げます。

いまから、気温も高くなり、雨も多いとなると、
庭の雑草も増えてきます。

裏庭の草刈りしていると、冬、隅の方に蒔いていた、どんぐりが芽を出し、
雑草とともに成長しておりました。





どんぐりの仲間はいろいろありますが、
ここに植えてあるのは、コナラとクヌギです。

日当たりの良い場所ではありませんが、しっかり育っております。

話は変わりますが、
昔は、娘がうまれたら、桐の木を植えてたそうです。

そして、その娘が嫁ぐ時に、成長した桐で箪笥をあつらえたということです。
それだけ、桐は、成長が早かったのでしょう。

どんぐりは、それほど早くはありませんが、木を植えることは、子どもの成長と重なります。

また、何年か後には、実をつけます。その時、植えた時のことを思い出すことでしょう。

何かの節目に、どんぐりを植えてみませんか?

なんとなく、癒されるものです。



  
タグ :どんぐり


Posted by mocomoco at 22:16Comments(0)自然

2012年06月13日

梅酒&梅酢シロップ

昨日、あさたろうは熱のため、小学校を早引き。
今日のあさたろうは、半分ずる休み。 

体温は、37.4度。

どうしても休みたいあさたろうは、熱があるからと言い張る。
対する嫁さんは、37.5度までは、熱とは言わないと言う。
今休んで勉強がわからなくなったら、4年生で困るよ!!云々・・・。


結局、嫁さんの出した宿題をやることで、話がついたらしい。

昼飯は、好きなレタス巻きでも買ってくるか。
自営だと子どもが、病気の時、融通が利く。

スーパーに買い物に行くと、入り口に、青梅がたくさん並んでた。
夏バテ防止のため恒例の梅酒と梅酢シロップを作りました。





一ヵ月後には、子ども達の好きな、梅酢のミルク割りができることでしょう。


  


Posted by mocomoco at 01:09Comments(0)自然

2012年06月12日

あじさい考 続き

前に、がくあじさいが好きと書き込みがあったので、調べました。
なるほど・・・。

何気なく、見ていたあじさい。一つ学習しました。

まあ・・・。学習したのは良いことですが・・・。

家族で、散歩をしてますと、そのあじさいに出くわしました。











少々、鼻高々と・・・「このあじさい。額紫陽花って知ってた?」と聞いたところ

うちの嫁さん
 (なによ、今頃、とうの昔に知っていたわよ。えっ!もしかしたらそんなことも知らんかったと。
バカじゃな~い)とまでは言ってないけど、

そのような気持ちがなんとなく伝わってきました。ガーン

慌てて、近くにいた、娘に、「これはね。額紫陽花というんだよ。花びらが周りを
額縁みたいに囲んでいるでしょ!!」

何とか、面目を保った。

そこからが面白い!!
娘は一応、土のPh値で、花の色が変わることは知っていたらしい。

娘「アルカリ性やマンガン性で、いろいろな色の花が・・・・」

私「・・・?」「マンガン性?」 ピンときた。

「そりゃ。電池やが~!!」


和やかになった、ひと時でした。
  
タグ :額紫陽花


Posted by mocomoco at 01:07Comments(2)自然

2012年06月09日

雨上がりの風景

今日は、梅雨のひと休みでしょうか。
晴れ間が見えて、暑い一日でした。

庭を散策すると、いろいろな発見がありました。



もみじの枝にカマキリが産卵中です。

カマキリは、次の冬の降雪量を予測するといいます。
雪の積もる所よりも上の方に、産卵するというわけです。

今の時期の産卵だし、九州なので、
カマキリの種類も違うのかもしれません。

天敵に襲われないように、木の上に生みつけるのでしょう。

産卵後、死んでしまうのでしょうか?

このカマキリ、始まりと終わりいつなんでしょうか?
そんなことを考えてしまいました。
  
タグ :カマキリ


Posted by mocomoco at 22:07Comments(0)自然

2012年06月08日

積み木

単純だけど奥が深い積み木
これも久しぶりに、作りました。



当初は、家具を作った残りの端材で作れば・・・と思ってたのですが
小さい材料を加工するのでは、反対に手間がかかってしまいます。

積み木に限ったことではありませんが、小物を作る場合、一度にたくさん作らないと、
採算取れないことが多いです。

デザインを考え、治具を作りながら、試作し・・・
労力と売値のバランスを悩み・・・

・・・小物で勝負している作家さんを見るとすごいなあと思います。  
タグ :積み木


Posted by mocomoco at 22:24Comments(0)作品

2012年06月08日

まんごうになる日

日本には、日本だけでしか通用しない俗に言う、和製英語や
語源がはっきりしない言葉もあります。

今は、プロ野球シーズンですが、ナイター、キャッチボール、ランニングホームランなど
身近にたくさんあります。

ただ、多くは、カタカナで書くことが多いと思いますが、
博多どんたくなどは、もう十分に、日本語で、ひらがなで書く方が、しっくりときます。

さて、まえふりが長くなりましたが・・・
これは、どうでしょう?



先日、露店で売ってました。

確かに、今の時期、宮崎ではそこら中に売ってますので、違和感はありません。

このマンゴーは、日南市南郷町で採れた物です。

なんごうのまんごうかい!! キャッチコピーに使えそうです。

・・・日本語になるのも、そう遠くないかも!!
  
タグ :まんごう


Posted by mocomoco at 00:14Comments(0)自然

2012年06月05日

クローバーのペンダント

かつて、コンピューター付きブルドーザーといわれた政治家がおりましたが、
私も修行時代、繊細かつ大胆な木工家?を目指しておりました。

しかし、性格上?、その共存は、なかなか、難しいものです。
よく、「手が器用ですね!」
なんて、いわれますが、ぜんぜん、まったくもって、不器用です。

まあ、仕事ですので、作れといわれれば作りますよ!!

でも、意外と・・・
好んで作りはじめたわけではないのですが、作り進めていくと、
面白いものです。



ペンダントやブローチです。
先日のあじさい公園では、クローバーのペンダントが好評でした。
葉の一枚一枚、別々の木を埋め込んでいます。

これも、注文受けてから、結構、時間がかかりました。
こんな、ペンダント一つでも、初めの1個作るのに、
それこそ、テーブル1台作ることと同じくらい、労力が要ります。

しかし、それから、いろいろ広がり、楽しみが増えてきます。

何か、不得意なものを克服するために、作らされ、生かされているような気もします。

それが、生きていく意味の一つかもしれません。

感謝!!  


Posted by mocomoco at 22:33Comments(0)作品

2012年06月04日

もっと食べたいけど・・・。

この時期、宮崎では、マンゴーの出荷が最盛期です。

近くのスーパーでも、山積みにされてはおりますが、やっぱり高嶺の花です。
しかし、そうはいっても生産地の強み。
小ぶりの見切り品を買ってきて、早速食べました。



やっぱりおいしい!!
私の分は、種の周りだけ、

でも十分!!

なぜかって?

実は、おいしい果物は、たくさん食べれません。

二口くらい食べたら、喉や耳の奥のほうで、なにやらむずむずしてくるのです。

マンゴー以外にりんごやメロン、桃などもダメです。
そういや、黒マグロのトロ身や特上カルビも胃もたれするし、
イクラや雲丹なども好んで食べません。

何か、高級な食材には、体が対応していないみたいです。
まあ、安上がりでいいんですけどね~?

残念!!  


Posted by mocomoco at 21:43Comments(0)自然