プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
 › 井上家具制作室 mocomoco › おすすめ 紹介 › 小津安二郎監督

2011年12月13日

小津安二郎監督

昨日、12月12日は、小津安二郎の誕生日そして、命日でした。
しかも、還暦でもありました。

私が生まれる前年ですので、もちろんどういう人だったのか、知る由も
ありませんが・・・。

20代半ば、初めて観た、小津の作品、「お早よう」は、
親子、兄弟、それを取り巻く、近所の人たち、そして恋愛と
どこにでもある日常を芯のあるそしてユーモアに表現していて、とても
すがすがしい気分になったのを思い出します。



小津の作品をそう多く観たわけではないのですが、普段の日常を
視点を変えて撮った作品が多いようです。

その繊細な感性ゆえに出来た作品だと思います。そして、言葉というものを生かしたというか、
楽しんでいるふうにもみえました。

同じような感じの題名の作品が多くありますが、
好きなのは、初めに出会った「お早よう」と
サイレント時代の「生まれてはみたけれど」です。


もう20年以上前ですが、鎌倉の円覚寺に墓参りに行ってきました。
墓石には、無という一字が刻まれています。
仏教は、無の思想といいますが、小津監督にとってその意味は何だったのでしょう。

その時は、(わかりもしないのに)なぜか感傷的になっておりましたが・・・。

長いこと、小津監督の映画は観ておりません。
久しぶりに、本を広げています。

また、映画館で観たいものです。








同じカテゴリー(おすすめ 紹介)の記事画像
パレットリボン さん
ふたりの桃源郷
砂絵
食育講座
家庭教育学級
草間弥生展
同じカテゴリー(おすすめ 紹介)の記事
 パレットリボン さん (2017-01-14 21:59)
 ふたりの桃源郷 (2016-10-20 22:19)
 砂絵 (2015-03-09 13:35)
 食育講座 (2015-01-28 08:41)
 家庭教育学級 (2015-01-25 21:03)
 「生きる」 (2014-10-24 23:06)

この記事へのコメント
お早よう、mocomocoさん。(笑)

両方、見た事ない映画です。
TUTAYAで、手に取ってみようかな。

多感な時期、あったなぁ。
今でも、多感な大人で居たいなぁ。
Posted by rue at 2011年12月13日 06:04
初めてコメントします。

「生まれてはみたけれど」
大・大・大好きな映画でございます。
嬉しいです。

子供達がとにかく可愛いし
お父さんも魅力あふれる人物で、
私は泣いたり笑ったりしながら観ました。

もう一度観たいと切望します。
できれば映画館で。
Posted by キリンさん at 2011年12月13日 10:37
rueさん、なかなか忙しいけど、いろんなものを観て、感性を高めたいですよね!!
ぜひ、この映画観てください。
Posted by mocomoco at 2011年12月13日 20:07
キリンさん、はじめてのコメント、
ありがとうございます。

この映画、おもしろかったですよね!!
昭和7年の作品ですが、子どもと大人の世界の違いを
笑いを通して、真面目に投げかけている
そんな作品だったように思えます。

映画館で観たいですよね!!
Posted by mocomoco at 2011年12月13日 20:26
中井貴一さんと思ったのですが・・・・・。
Posted by 太公望 at 2011年12月14日 08:23
はい、ご指摘の通りです。
ありがとうございます。
漢字を間違っておりました。書き直しましたが、
また、間違いがありましたら、書き込んでください。
Posted by mocomocomocomoco at 2011年12月14日 12:42
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小津安二郎監督
    コメント(6)