プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
 › 井上家具制作室 mocomoco › 工房 › クスノキで作る

2012年01月18日

クスノキで作る

木へんに南と書いてクスという漢字になります。
日本の南の地に多く自生しているからかどうか、知りませんが、
宮崎に来て、よく見かける木です。

県庁付近に、楠並木通りがありますが、他の道路脇には、街路樹として
たくさん、植えてあります。

落葉せず、照葉樹のため、年中、青々と茂っているので、見た目と管理のよさ
から、植えてあるのかもしれません。

昔は、防虫のことも考えて、よく、箪笥に使われていました。
樟脳の、あの、ス~とする香り、嫌いではありません。

軽くて加工性が良いので、欄間など彫刻に使われますが、
細くしなければ、十分脚物にも使えます。



ただ、色がいろいろと混じったような感じなので、
接ぎ合わせて作る場合、気になるかもしれません。



タグ :

同じカテゴリー(工房)の記事画像
穴の開いた皿
愛着のあるもの
木目つながり
センダンのテーブルの続き
機械もお疲れ
アリ加工
同じカテゴリー(工房)の記事
 安らぐ場所 (2016-10-16 18:06)
 穴の開いた皿 (2015-01-18 21:04)
 愛着のあるもの (2014-09-10 22:39)
 木目つながり (2014-04-18 21:48)
 センダンのテーブルの続き (2014-04-02 23:52)
 機械もお疲れ (2014-02-24 23:27)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
クスノキで作る
    コメント(0)