プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2017年07月11日

ひまわり

ここのところ暑くなってきましたが、
息子の通う檍中学校の生徒会がヒマワリに水やりを行ったというニュースが、流れてきた。
その後、興支援として、種を収穫して、東北に送るということです。

ヒマワリが、放射性物質を吸収するとか・・・?
これについては、両論あるみたいですが・・・・

「ひまわり」といえば、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニの映画です。
あのひまわり畑、ウクライナは、そう、チェルノブイリ原発があるところです。


引き裂かれた夫婦を通して、戦争を批判しています。

壮大な大地に咲いているひまわりが、平和の象徴のようにに感じます。
どこの地であれ、この目で見たい風景です。


  
タグ :ひまわり


Posted by mocomoco at 23:00Comments(0)映画

2017年06月27日

突然炎のごとく

先日、映画を観てきました。


トリフォー の「Jules et Jim 」
本題は、登場人物 男性二人の名前です。

邦題もなかなかです。何が、誰が、「炎のごとく」、どうなるのでしょうか?
日本語の、そのあいまいな主語がいいですね。

この映画、だれが主演とかではなくて、
それぞれの立場で、考えさせられます。

また、女性というものは、こういうものだよ・・・
と訴えかけているようにも思えます。

日本では、こんな三角関係は、考えられない?・・・・いやまてよ。
岡本かな子(岡本太郎の母)も似たような関係ではなかったかなあ・・・

そして・・・
ラストは、不幸な結末なのに、そう悲しくないのはなぜでしょうか?
これが、最良の解決方法だったからでしょうか?
また、バックに流れる意図した音楽であるのかもしれません。


  


Posted by mocomoco at 23:52Comments(0)映画

2016年10月25日

時計

季節的な・・・
センチメンタルとかいう柄ではありません。

歳をとるごとに、昔、出会った人、今、どうしているのだろうかと思うことがあります。

その美容師さんもその一人です。よく、劇団の話をしていました。

団員なのか、美術担当なのかは、わかりませんが、
その劇団が旗揚げして、その杮卸しにジェームス三木の作品をするとか、

少しだけど、映画に出演したとか・・・・

その映画、後年、ビデオで観て、その瞬間、ドキっとしたことを覚えてます。
ほんのワンカットですが・・・・、

映画の内容は、・・・・よく覚えてません。
その美容師さんを探すので、いっぱいでしたから・・・・

あれからもう30年。
久しぶりに、借りてみたくなりました。

映画は倉本聰さんの「時計」で、「北の国から」のほたる役の中嶋朋子さん、いしだあゆみさんが出ていたのは、覚えています。
・・・・・
淡い思い出です。  


Posted by mocomoco at 23:12Comments(0)映画