プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2017年01月10日

宮日新聞で紹介

このところ、なにかいろいろ考えているうちに時間がたってしまって、
なぜか、寝るのが遅くなってしまってます。

明日から子どもたちも学校がスタート。
否が応でも親も早起きしないといけません。

さて・・・昨日、宮日新聞で、うちの商品の紹介をしていただきました。



もともと家具がメインですが、最近は、こういったインテリアで実用的な時計も作る機会が多くなっています。
できるだけ、自然な形を残した、そのものが、一品ものです。

樹の持つ色合い、質感を見比べてほしいので、四つ葉のクローバーみたいな組み合わせを考えてみました。

まだまだ、楽しくなるような、作品を作っていきます。

  


Posted by mocomoco at 01:05Comments(0)作品

2016年06月30日

ネットショップはじめました。

この時期、少しのんびりです。

しかし、売り上げとか関係なく、やりたいことは、たくさんあります。
とはいっても切羽詰まらないとやらない?ことも多々ありです。

で・・・不得意なパソコン操作なんですが、
一番簡単で無料でつくれる「base]

で、やってみました。
それなりに時間がかかり、まだまだ、説明も足りませんが、とりあえず、UPしました。


右側の「お気に入り」から入ることできます。
HPも作り直したいのですが、一歩づつです。


よろしくお願いします。ニコニコ  


Posted by mocomoco at 07:59Comments(0)作品

2014年09月17日

人生に寄り添う家具

一生ものの家具といいますが、使い手の都合で、一生は使えない場合もあるものです。

先日は敬老の日。
うちの両親もまだ健在ですけれど、だいぶ腰も曲がってきています。

若いときにはなんともなかったことが、年をとって、やりづらくなることもあります。
たとえば、キッチン。

ガス台の上まで鍋を持ち上げるのが、たいへん・・・・。
ということで、ヒノキの集成材を使って、20センチほど低い、45センチの高さに作り変えました。




壁と天板にアルミシートを貼れば、油が飛んでもふき取れます。

自分たちもいつかは通る道なのです。

人生と暮らしを見つめながら、制作する日々です。
  


Posted by mocomoco at 22:39Comments(0)作品

2014年09月05日

700m

また、このところ雨が多くて、仕事もはかどらないのですが、たまに、仕事のことも書かないといけません。
七月に制作していました、ペーパーコード編みのベンチが完成して、嫁がせました。



横になって寝そべられるように、座は、低めに奥行きは広めに取っています。
 
座の傾斜は、寝やすさ、そしてペーパーコードが弛むであろうことから、3%程度にしています。




この座、かなり手がかかりました。緩みにくい かのこ編みで、裏も編んでます。

さて、タイトルの数字
そう、この、紙紐の長さです。一巻きでは足りませんでした。

手のかかったものほどかわいいといいますが、嫁ぎ先では、ちゃんと役目を果たしているのだろうか?
親の気持ちですかね。

  


Posted by mocomoco at 00:08Comments(0)作品

2013年09月24日

新しいスイッチカバー



このスイッチカバー、以前に作っていましたが、
このところ、(といっても、10年以上まえからですが、)
大きいタイプのスイッチがふえてきました。

気にはなっていたのですが、コンセントのカバーの制作のついでに、新しく作りました。



このタイプ、いま、スイッチが2つですが、ひとつであれば、大きいのがひとつ(2つつながった大きさ)です。
ので、前みたいに、一つ用、2つ用と分ける必要がありません。

とりあえず、どんぐりでいきます。

  


Posted by mocomoco at 23:32Comments(0)作品

2013年09月14日

収納に困るもの

先日、オーダーでキッチン用品を収納する棚を作らせていただきました。

一般的に作り付けの家具は、ほとんどフラッシュ家具です。
フラッシュ家具というのは、大まかに言うと、
ベニヤ板みたいに人工的に作った板の表面に0,3~0,5ミリ程度のきれいな薄い板(突き板)を張ったものです。

量販店の収納家具、店舗やマンッション等の内装の多くはこれです。

うちの工房では、無垢材でつくるので、少々重たくなりますが当然、丈夫です。

今回はウォールナットとタモで作りました。

一部、タモの集成材を使っておりますが、違和感はありません。




機能的なように、スライドレールをつけました。

これで、出し入れが楽になりました。

このホットプレート。
意外に収納に困りませんか?


  


Posted by mocomoco at 21:17Comments(0)作品

2013年09月10日

朝の来ない夜はない

先日作った額に、やっぱり、台が欲しいということで、
さっそく、置き台を作りました。







この色紙、もう30年近く前、青梅市の吉川栄治記念館で購入したものです。

確かに、朝の来ない夜はないのです。

こうやって、のほほんと生きていますが、やっぱり、朝が来るのが怖い夜もあったのです。
  
タグ :吉川栄治


Posted by mocomoco at 21:30Comments(0)作品

2013年09月09日

自然の景色

皆さんは、景色と聞いてどんな風景を思い浮かべるでしょうか。

板を削っていると、節や割れが現れてくる場合がよくあります。

以前は、工業製品みたいに画一化した製品ではないといけないという風潮がありましたが、

今は、自然という風景が、趣として理解されるようになってきました。






世界にひとつしかない、節や割れのある景色、生かしたいものです。

  
タグ :木の時計


Posted by mocomoco at 20:19Comments(0)作品

2013年09月06日

やさしい灯り

実は、お皿を作る前に、もうひとつ作りたいものがありました。

せまいわが家の照明は、台所にある、蛍光灯と、いくつかの、はだか電球です。

はだか電球というと、なぜか白黒映画の、都会のせまいアパートの一室を思い浮かべてしまいます。





これで、カラーに変わりました。

  


Posted by mocomoco at 23:59Comments(0)作品

2013年09月05日

くらしの皿

仕事とくらしが重なってないなあと思うことがあります。

自営で、ものづくりをしているので、
くらしの中に仕事がないといけないなあと・・・。

簡単に言うと仕事が主で、生活をそれに合わせている
ような気がします。

また、自宅の家具は、自分が作ったもので埋め尽くされているということはなくて・・・・。

というわけで、少しづつ食器を作ろうと思っています。




ケヤキのナチュラルなものと、二種類の摺り漆をした
八寸皿(24cm)と尺二(36cm)の皿を作りました。

黒っぽいのは、栗の木で鉄焙煎(鉄の溶液と木のタンニンを反応させる)したものです。

そのうち色漆もしたいですね。




  
タグ :木の器


Posted by mocomoco at 20:00Comments(2)作品

2013年09月02日

日日是好日

台風一過そしてまた台風、
今日は、竜巻と・・・人間の手には、負えませんが、

わがままなのもまた、人間です。
雨の日が続いても、天気の日が続いても、文句を言っております。



先日、作った、A4サイズのセンダンのフレームです。

・・・・・・。

毎日、楽しくても悲しくても、・・・・
今日みたいに、ごはんを焦がして怒られても?

大事な一日・・・です。




  


Posted by mocomoco at 22:03Comments(0)作品

2012年07月12日

引き出物も

今週から雨、また雨、
汗だくでくさ~い毎日です。

このごろ、少しばかり、忙しくなってきました。



引き出物用の時計です。
数にもよりますが、ご予算に応じて、作ります。



包装して、完成です。
このななめ包み、意外と時間がかかってしまいました。

祝儀、不祝儀で中の箱の方向が反対になるので
気をつけて包みます。  
タグ :引き出物


Posted by mocomoco at 20:19Comments(2)作品

2012年06月25日

チューリップ

コンセントは壁の下のほうについているのが多いのですが、
時々、キッチンカウンターのすぐ下あたりについていることもあります。

それも横向きについています。

以前、どんぐりのカバーを紹介したことがありましたが、



今度は、横向き用を作ってみました。



かわいいでしょ!!

ダイニングルームが少し華やかになりました。  


Posted by mocomoco at 18:47Comments(0)作品

2012年06月08日

積み木

単純だけど奥が深い積み木
これも久しぶりに、作りました。



当初は、家具を作った残りの端材で作れば・・・と思ってたのですが
小さい材料を加工するのでは、反対に手間がかかってしまいます。

積み木に限ったことではありませんが、小物を作る場合、一度にたくさん作らないと、
採算取れないことが多いです。

デザインを考え、治具を作りながら、試作し・・・
労力と売値のバランスを悩み・・・

・・・小物で勝負している作家さんを見るとすごいなあと思います。  
タグ :積み木


Posted by mocomoco at 22:24Comments(0)作品

2012年06月05日

クローバーのペンダント

かつて、コンピューター付きブルドーザーといわれた政治家がおりましたが、
私も修行時代、繊細かつ大胆な木工家?を目指しておりました。

しかし、性格上?、その共存は、なかなか、難しいものです。
よく、「手が器用ですね!」
なんて、いわれますが、ぜんぜん、まったくもって、不器用です。

まあ、仕事ですので、作れといわれれば作りますよ!!

でも、意外と・・・
好んで作りはじめたわけではないのですが、作り進めていくと、
面白いものです。



ペンダントやブローチです。
先日のあじさい公園では、クローバーのペンダントが好評でした。
葉の一枚一枚、別々の木を埋め込んでいます。

これも、注文受けてから、結構、時間がかかりました。
こんな、ペンダント一つでも、初めの1個作るのに、
それこそ、テーブル1台作ることと同じくらい、労力が要ります。

しかし、それから、いろいろ広がり、楽しみが増えてきます。

何か、不得意なものを克服するために、作らされ、生かされているような気もします。

それが、生きていく意味の一つかもしれません。

感謝!!  


Posted by mocomoco at 22:33Comments(0)作品

2012年02月09日

ムンク?の兄弟

誰が名づけたのか・・・

「ムンクの椅子」

そんなつもりで作ったのではないけれど・・・。
そんなムンクに弟(妹)ができました。



左は、もう7~8年前に作ったもの。
右が、今度作ったもので、少し小さめです。
まだ日焼けしてませんので、白っぽいです。

材は、楠。
腕は鉄。
先日の鉄の溶接は、これだったのです。

今頃、もしかしたら、江平のどこかのお店の入り口に
立っているかもしれません。

お見かけしたら、撫でてあげてください。


  


Posted by mocomoco at 20:58Comments(2)作品

2011年08月19日

久しぶりのロッキングチェア

人それぞれ体型が違うように、椅子のかたちもそれぞれですが、
それだからこそ、椅子作りは、難しくて、また楽しい!!

久しぶりに作りました。



だいぶ前に、注文いただいていたのですが、なかなか、自分の中でかたちが決まらず、
苦戦しておりました。

ロッキングチェアの場合、ただ置いてあるだけでも、どのへんに重心もってくればよいか
なかなか悩むところです。

工房によっては、体重別に作り分けているところがあるくらいなので、
人によって、すわり心地が、かなり違ってきます。

前回は、座板に穴を開け、そこから下のそりの部分に接合しましたが、
今回は、下から、構造を作り、座板を乗せるような感じで作りました。

そして、そりの径を短くして、多少、ゆれが大きくなるようにしました。

これはこれとして、また違うバージョンを作りたいと思ってます。


  


Posted by mocomoco at 22:28Comments(2)作品

2011年07月29日

拭き漆楢の座卓

うちでは、ナチュラルな仕上げが多いのですが、時々、漆を使うこともあります。
漆は暑くても寒くても使いにくいものなので、きちんとした室があることがベストですが、
とりあえず、気温にあわせて、塗りました。



これは、納入先のお客様のご自宅で撮影しました。

やっぱり、漆はいいなあ!
今度は、同じ仕上がりで、収納棚を作る予定です。  


Posted by mocomoco at 07:33Comments(0)作品

2011年04月07日

スイッチプレート&コンセントカバー



紹介が遅れましたが、おもしろいのが出来ています。
色の濃い部分は、ウォールナットで作っています。





こちらは、かじったりんごです。
葉っぱも付いています。

そんなに目立つわけではありませんが、お部屋が少し楽しくなりました。  


Posted by mocomoco at 01:26Comments(0)作品

2011年04月02日

新年度にむけて

新年度が始まりました。
がんばろう!!とはいっても原発の問題が、頭から離れません。
きっちりと自覚しなければと思う毎日です。

さて、先週、保育園の新園舎に、子どものいすとテーブルを納品してきました。



子ども達の未来が輝いて欲しいのです。





  
タグ :子どもいす


Posted by mocomoco at 01:22Comments(0)作品