プロフィール
mocomoco
mocomoco
飛騨高山にある「森林たくみ塾」にて木工を学ぶ。1999年より宮崎にて木工制作に取り組んでいる。

(お問い合せ)
manpukukobuta@hid.bbiq.jp

QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
 › 井上家具制作室 mocomoco

2018年01月20日

自分で治す

今朝の新聞
オウム裁判終結、いくら終結とはいっても、現にその流れをくむ宗教団体は存在しています。

どんな犯罪を犯したこのような組織でも信じている人はいるものです。
なんででしょう?

きっと、その時、病気が治ったとか、心が救われたとか、奇跡みたいなことを体験したんじゃないかと思います。

ですが、それって勘違いみたいです。
なぜなら、無宗教者にもそんな経験はあるし、

信じる者は救われるではないですが、極端にいうと、
これは病気に効くといわれ、ただのビタミン剤で、本当に治った人がいたり・・・

もともと持っている生命力とか潜在意識が働いて、
いかにも治してもらったような錯覚になる。

確かに、その宗教に手助けしてもらったかもしれませんが、

結局、自分を治したのは、自分なのです。

・・・・自分を信じれば、
束縛もないし、お金もいらないですが・・・・。
  


Posted by mocomoco at 21:35Comments(0)

2018年01月20日

優先順位

たまには、木工のこと。

木工品などを作る場合、デザインはもちろん強度や機能性など考えますが、
場合によっては、
どれを優先にもってこようかと思うことがあります。

オーダーであれば、機能性が優先の場合が多くなりますが、いわゆる既製品の場合、
さて、どう考えるかです。


先日、近くの村上三絃道さんから三味線ケースの修理を依頼されました。

修理すると、いろいろなことがわかってきます。
これには、蓋もついてます。

材料は、湿気がこもらないように、
桐をつかってあり、
デザインは、どこか三味線を思わせるシルエット、
そして、ばらして、かさばらないようにしてあります。


しかし、強度的には、少し?が残ります。

当たり前ですが、修理ということなので、
そこに一番目がいってしまいます。

自分ならどう作るか。
同じ予算であれば、どれを優先させるか、

いい勉強です。



  


Posted by mocomoco at 00:09Comments(0)工房

2018年01月18日

続けられてる

昨夜は、
熟年・・・ギターサークルの懇親会でした。
一月でまる4年、
当初からのメンバーもほぼ変わりません。

一番若い人で40歳台、
その次に若いのが私です。

40歳代から~70歳後半の方々
十数名での飲み会。
いろいろと人生の勉強になります。

月に2回、年齢も好みも違う人たちが、一緒に学び、楽しんでいます。
このようなレッスン・・・レベルが高すぎても低すぎても、楽しめません。

自主サークルとはいえ、いろんな生徒さんを一つにまとめていく。
そんな道本先生は、教え方がうまいのです。

うまくなりたいと思うのは、皆さんそうですが、
上達を基準においてしまうと、楽しめなくなり、
やめてしまう。
楽しんでやっていると、いつの間にか上達してしまう。

なんとも簡単な理論ですが・・・
わかってない指導者が多いように思えます。  


Posted by mocomoco at 12:56Comments(0)

2018年01月17日

悪人正機

うちにはテレビがなくて・・・
日之影行って、少しだけですが、ワイドショーみたいな情報番組を見ました。

カヌーの選手が後輩の飲み物に薬物を入れ、ドーピングの疑いをきせ、
しかし、良心の呵責を感じ、謝罪、
後輩は、それに対して、感謝したという結末です。

どうも報道の在り方に疑問を感じてしまう。加害者が自ら罪を認め、被害者は、それを許した。
ただそれだけの事・・・。ですが、

報道は、第三者を登場させ、これでもかというほど攻め立てる。

なにか・・・親鸞の悪人正機説の「善人なをもて往生をとぐ~」というのはこういうことかもしれないと思うのです。

加害者は、白状するまでにかなり苦しんだはずです。そして、今から罪を償わなければいけません。

被害を受けた本人よりまわりが声を荒げている。どうも、偽善者的に見えてしまう。

生きていれば、大なり小なり誰でも罪を犯しているはずです。
罪を償ったら、あたたかく見守ってやりましょう。
親鸞は、生きている間に幸せにならなければいけないと説いてます。

自覚した悪人、自覚しない善人
そんなふうに感じました。  


Posted by mocomoco at 00:10Comments(0)

2018年01月15日

裏方仕事

この日之影の神楽でも当然のごとく、人手不足なのです。

舞い手は、地元の人、移住してきた人、この日に帰ってくる人など何とか揃うのですが、
裏で、食事の準備する人が、足りていません。



神楽の最中、真夜中に出すうどんだけでも120食、そのほか賄い料理も含め、たぶん300食超えるのではないでしょうか。
ご飯、みそ汁、煮しめ
特に煮しめは、手間がかかります。


自分の母親くらいの年代のおねえさんたちが、昔ながらの味付けで、10種類を超える野菜の下ごしらえ、煮方、切り分けを行います。

伝統の裏側には、そんな見えない人たちの支えがあります。

いずれ、高齢化が進み、神楽のかたちが変わっていくかもしれません。

人と人とのつながりで、よそ者が入る・・・。
時代の流れのなかで、大切になってくると思います。
  


Posted by mocomoco at 23:59Comments(0)

2018年01月14日

大人神楽

金曜日から九州つなぎ隊の活動で、日之影町大人(おおひと)地区、岩井川神社例大祭の手伝いへ行ってきました。

いわゆる、大人神楽ですが、日之影では唯一の夜神楽です。


土曜日の昼から神社への奉納、それから、夕方7時から歌舞伎の館での奉納、翌日昼12時くらいまで続きます。




舞台などの設営、お客様やお祭りに携わる方々のための食事の準備、もろもろ裏方の手伝い、合間には見物も兼ねて、楽しんできました。

祭りの中のしきたりや食文化、、ただの観光では見れないこと、頻りにあります。
こんな、ボランティア活動がなければ行く機会はなかっただろうと思います。

人生楽しみたいですね。  


Posted by mocomoco at 22:04Comments(0)

2018年01月11日

比べない

情熱大陸とかセブンルールなんか見ると
仕事に対する意識、情熱に感心してしまいます。

これをみて、やる気をもらえる場合もあるのですが、

反対に

自分はどうなんだ、もっとストイックにならなきゃいけないんじゃないか
努力しなければ・・・

なんて比べてしまうことだってあります。

でも、比べること自体おかしなものです。

だって、こういう人は、たぶん努力しているとか、そんな感覚で仕事に向かってないでしょう。

世間体とか、生活のためというよりは、やりたいからやるという単純な感覚でしょう。
楽しめてるか、なのでしょう。

でも楽しめる工夫、それは、必要だと思います

週末は、日之影町で楽しんできます。

  


Posted by mocomoco at 22:44Comments(0)

2018年01月10日

熟年クラス始動

今年最初のギターレッスンです。



熟年クラスで、道本先生も含め、ほとんど自分より人生の先輩方々です。


習い事は、楽しいのですが、半強制的に自分をもっていかないと、うまくなりません。

すぐすぐ必要なものでもありませんが、将来、慰安とかできるかなあと思っています。
なかなか上達しませんが

年に2回ほど、ライブハウスでの飲み会の席で弾き語りを挑戦するので、
それを目標にとチマチマと練習です。

歌は、人を元気にさせてくれます。

ボケ防止にも最適です。


  


Posted by mocomoco at 23:56Comments(0)音楽

2018年01月09日

陶芸と絵画

昨日、美術館よったついでに、作品展をぶらり・・・



よくわからないまま、チケットを買って、鑑賞しました。





もちろん、自分たちがつくる工業製品的なものではなく、図面なんてない一品もの。

たまに、こういうのを見ると、もっと自由な発想していいんだ。
なんて、こころが開放されます。  


Posted by mocomoco at 23:56Comments(0)

2018年01月08日

木彫講座展示

年始一週間が過ぎて、今年は、何に力を入れようかなあと考えてますが・・・
もちろん仕事もですが、
少し、全然違うことも考えてみたいのです。

とりあえず、県立美術館へ木彫講座の作品展示を見に行ってきました。
年末に講座を終えて、そのまま預かってもらっていたので、どんなかんじだったかなあと・・・

で作品はこれ




円空とか木喰を意識?して

というより、心を無にして、清めるために、身近なお地蔵様を彫ってみました。
どうも邪念が多すぎていけませんが、彫っているときは、時間を忘れて、楽しめました。





  


Posted by mocomoco at 22:58Comments(0)

2018年01月07日

シャルロット

ラジオから、フランスギャルさんの訃報が流れてきた。
自分より前の世代ですが、曲は知っています。

その時代は、フランスのファッション、音楽など日本にけっこうな影響をあたえたことでしょう。

「夢見るシャンソン~」を提供したのは、セルジュゲンズブール、その娘がシャルロットゲンズブール

なぜか覚えている。

10代のシャルロット、「ちいさな泥棒}を観たらにファンになってしまったからだ。
7歳も年下なのに・・・(とは言っても、この一本しか観てない。)

あの頃は・・・若かったなと自分につぶやいた。
 
もう30年前の話です。

昔のことを思い出すと、まとまりのない内容になるのです。



  


Posted by mocomoco at 23:04Comments(0)

2018年01月06日

イメトレ

今日は、中学野球部の祝勝祈願を兼ねて、学校から江田神社までマラソン。
見守りで自転車で伴走でしたが、途中、こどもたちと一緒に走ったりしていたので、けっこうな運動になりました。

そのあと、グラウンドでは、
部員の今年の決意表明、
いつものごとく、まあ、どこまで決意したのか、怪しいけれど・・・。
強くイメージして、口に出すという行為は、脳科学的に目標を実現する近道らしいのです。

自己啓発セミナーなんかには、よくあります。

現実に、選手を全国大会の会場に連れて行って、イメージを植え付けるチームもあるそうです。

まだまだ、人生半分、日々イメージして、生きたいですね。  


Posted by mocomoco at 23:31Comments(0)

2018年01月05日

木彫

そういえば、今日5日から県立美術館の一階エントランスホールで、「木彫」の作品展示が行われているはずです。

11月ごろから受講した、木彫講座の作品です。

家具と違って、はじめから、立体を考慮してノミで彫っていくので、難しいものです。


こんなクスノキの木のかたまり
直径40センチ 高さ60センチ

から削り出していきます。

展示期間は1月5日~13日(土)までです。

作品紹介は、後日、写真撮ってきます。

  


Posted by mocomoco at 23:57Comments(0)

2018年01月04日

ダイエット

一応、今日から機械仕事はじめです。

とはいえ、時おり、ふわっとする感じです。

実は、今日まで、ちょっとした断食をしています。

年末から胃腸の調子がいまいちで、元旦にお腹を下したので、ちょうどいい機会でした。

断食するのは、2年ぶりくらいでしょうか。
水分は取りますが、3,4日食べなくても、意外と元気なものです。

動植物は、空腹時に細胞が活性化するようなこともきいたので、
少しくらい、若返った気になっています。

しかしながら、食べたであろうものを並べたら、さぞかし沢山なことでしょう。
なんとも贅沢。
 
そんなことも再確認しながら生きています。







  


Posted by mocomoco at 23:52Comments(0)

2018年01月03日

初詣は・・・

さて、正月も三が日が過ぎようとしています。

年末は、慌ただしくしていたので、実家に帰省したり、
年賀状や帳簿をつけたりとあっという間に
過ぎていきました。

とくに、初詣にも行ってません。

人の多いところは、あまり好きではないのと、
神社の神様にお願いすることを躊躇してしまうので・・・

普通の日に観光としていくことには抵抗ありませんが・・・

神様は、お願いされて、うれしいのかな?
なんて、思ってしまいます。  


Posted by mocomoco at 23:37Comments(0)

2018年01月02日

笑う

笑う門には福来るとは言いますが、
もしかしたら、偏屈に

福がくる前に笑えるか!

なんて、思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

ふつう、楽しいから笑うと思いますが、心理学、脳科学的には、
笑うから楽しくなるようなこともいってますので、

無理にでも笑ったほうが、よさそうです。

心がけで、福は、呼び寄せることができるのでしょう。


脳と心の関係、ちょっと興味があります。

  


Posted by mocomoco at 23:30Comments(0)

2018年01月01日

夕陽


旧年中はお世話になりました。
久しぶりの投稿ですので、




先ずは、年末の夕陽に感謝。
特に大きな事故もなく過ごせたことは、ありがたいことですね。

そして、
あけましておめでとうございます。

笑う門には福来る。

楽しくいきましょう。


  


Posted by mocomoco at 11:41Comments(2)自然

2017年11月27日

諸塚村

金曜日、九州つなぎ隊のボランティア活動で諸塚村へ行ってきました。
今にも、雪が降りそうな天気ではあったのですが、自然と住民のあたたかさに癒されました。


作業後は,地元でとれた、イノシシ、シイタケなど焼肉をごちそうになりました。

詳しくは、九州つなぎ隊の広場にあります。



諸塚村では、各地区での結束が強く、その地区で森を守っています、今回は、その林道の舗装の手伝いです、村が生コン代を補助してくれて、地区の住民が施工します。

このような山の保全に関わる労働によって、国際的な認証FSCを取得したのだと感じます。

「ウッドジョブ」という映画がありましたが、そんな若者が増えたらいいですね。
  


Posted by mocomoco at 21:58Comments(0)

2017年09月27日

県産黒毛和牛革

昨日の宮日新聞の歩廊の欄で、県産黒毛和牛の革を使ったグラブが紹介されておりました。

先の全国和牛能力共進会での日本一。
肉だけでなく、革でも評判を集めそうです。

さぞかし、これをはめてプレイすれば、守備がうまくなりそうですが、中学生の息子には、もちろんあるわけ・・・ない。

それはそうと、このグラブとボールを飾っている台、

うちで制作したものです。
ほんの少しですが、県産品の紹介に協力させていただきました。


こちらは、明治大学に贈呈した品です。
同様の製品が県庁にも飾られていますので、興味のある方は、どうぞ・・・

  
タグ :グラブ台


Posted by mocomoco at 23:28Comments(0)

2017年08月08日

杷木の土石流

台風の被害は、なかっただろうかと気になっていますが・・・
先日、朝倉市杷木へ災害ボランティアに行ってきました。

現場の筑後川にそそぐ小さな支流沿いの家々は、倒壊していたり、土石流が流れ込んでいたりと甚大な被害を受けています。
その中の一軒、
人の背丈ほどに流れ込んだ砂、泥などをスコップ、一輪車など、手作業で、かき出しました。


メディアでは、ボランティアが足りているという報道があります。しかしながら、現場は手作業のため、なかなか終わりが見えない、しかもこの暑さ、被災者は、精神的につらいと思います。

失礼な言い方になってしまいますが、昨年行った熊本の震災後の片付けは、20人ぐらいで一日作業すれば、どうにかなっていましたが、
今回の土石流の災害、その何倍もの労力が必要です。
詳しい内容は、
九州つなぎ隊の広場


をご覧ください。






  


Posted by mocomoco at 00:26Comments(0)自然